99年8月4日 アリゾナ・ダイアモンドバックス VS サンフランシスコ・ジャイアンツ
スコアー
ジャイアンツ
ダイアモンドバックス ×
アメリカ最古のフェンウェイパークから、去年できたばかりのバンクワン・ボールパークへ。
まるで1912年から1998年にタイムスリップしたかのような錯覚さえ覚えた。
チームへの応援方法も、ボストンの観衆が自然発生的な手拍子でするのに対し、アリゾナは音と映像を駆使して観衆をのせる近代的な方法だ。
近代的な球場を経験して初めてフェンウェイパークやりグレー・フィールドが持つ歴史の深さを感じずにはいられない。それはまたアメリカの野球の歴史でもあるのだ。
1回裏、先頭打者のウォーマックを1塁において2番J・ベルの2ランホームランが出る。
その余韻が残る中、3番ルイス・ゴンザレスにもホームランが飛び出す。
球場は、盛り上がりに盛り上がる。
さらにスティブ・フィンリーにも2ランホームランが飛び出しこの回5点。
2回裏には、ピッチャーのブライアン・アンダーソンが、プロ入り初のホームランを放つ。
3回裏にもスティブ・フィンリーに2打席連続となるホームランが飛び出し試合を優勢に。
ジャイアンツも5回にバークス、9回にJ・T・スノーにホームランが飛び出すが、ホームラン数で上回るダイアモンドバックスが9対4で勝った。

マイルのことならGetmileラスベガス大好き空港無料無線LAN
Copyright(C)1999-2009 Let's Go MLB All Rights Reserved