99年8月2日 ボストン・レッドソックス VS クリーブランド・インディアンズ
スコアー
インディアンズ
レッドソックス
インディアンズの先発は、ドワイト・グッデン。私が最初にMLBを見たニューヨークのシェイ・スタジアムで彼は、メッツのエースとして投げていた。当時のグッデンは速球で簡単に三振が取れるピッチャーで元祖ドクターKとして有名。私がMLBにのめり込んだのも彼の速球を観てからだった。そのグッデンをこんな所で観れるとは思わなかった。
ガルシアパーラの華麗なホームランも観たい。でも、グッデンにも勝って欲しい。複雑な気持ちで試合が始まった。
初回にいきなりインディアンズの5番、6番が連続ホームランで5点を取る。
その裏、ガルシアパーラのシングルヒットなので3点を返す。
恐るべしグリーンモンスター
このフェンワェイパークのレフト側には高い高いフェンスがありホームランバッターの最大の敵となっている
3回裏、ガルシアパーラがあのグリーンモンスターを越えるホームランを放ち俄然ゲームが面白くなってくる。
この後、グッデンがマウンドを降りる。彼の投げる姿をもう一度だけ観たい。
5回裏にも、ガルシアパーラがライト前にタイムリーヒットを放ち、同点に。この時点でガルシアパーラがアメリカン・リーグの首位打者に踊り出た。
試合は、均衡したまま9回表インディアンズの攻撃。ファーボールのランナーを一塁に置いて、DHのデービッド・ジャスティスがホームランを放つ。
9回裏は、押さえのジャクソンの前に3者凡退で試合終了。

マイルのことならGetmileラスベガス大好き空港無料無線LAN
Copyright(C)1999-2009 Let's Go MLB All Rights Reserved